shimadamishin.com---島田ミシン商会の通販サイト ミシンの購入を思い立ったものの、店員に勧められるがままの選択肢しかない。そこでネットで情報検索・・ そんな方は多いんじゃないでしょうか? 私なりのアドバイスが役立てば幸いです。  カゴの中身を見る  
 お問い合わせフォームへ  
 ■サイト内を検索 お客様の声 /  ご利用方法 /  メルマガ  


HOME >> ミシンの選び方とコツ >>  カバーステッチは伸縮素材向きの縫い目  


   カバーステッチミシン
   その他のカテゴリーへ

■ カバーステッチは伸縮素材向きの縫い目

既製服では、表裏両方に飾り糸が入ったものを見かけます。 このような縫い目を総称して、「偏平縫い」と呼ぶのが一般的です。

「偏平縫い」の基本は、「二重環縫い(チェーンステッチ)」です。 「二重環縫い」は、1本の針糸と1本のルーパー糸で形成される縫い目です。
チェーンステッチ(二重環縫い)

この「二重環縫い」が平行に2列、3列と並んだ縫い目は、 既製品のズボンやスラックス、作業服などでもよく見かけます。 工業用ミシンの中には25本(針糸25本、ルーパー糸25本の計50本)なんてミシンもあります。

同じ縫い方を発展させ、複数の針(針糸)に1本のルーパー糸を使用する縫い目を一般に、 「二重環下飾り縫い(片面飾り縫い)」と呼びます。 家庭用で言うところの「カバーステッチ(針糸2本にルーパー糸1本)」や、 「トリプルカバーステッチ(針糸3本にルーパー糸1本)」が該当します。

この「二重環下飾り縫い」に、生地の上側で運動するルーパー糸が加わると、「偏平縫い(両面飾り縫い)」になります。 現在、国内の家庭用ミシン市場では、まだこの縫い目ができるミシンは紹介されていません。

以上の「二重環下飾り縫い」や「偏平縫い」は、伸縮性に富み、 メリヤス下着をはじめニットの縫い合わせや補強、飾り縫いとして、縁かがり縫いとともに広く利用されています。

このサイトでは家庭用ユーザーさんにも分かりやすいように、 「二重環下飾り縫い(片面飾り縫い)」を「カバーステッチ」の名称で統一しています。