shimadamishin.com---島田ミシン商会の通販サイト ミシンの購入を思い立ったものの、店員に勧められるがままの選択肢しかない。そこでネットで情報検索・・ そんな方は多いんじゃないでしょうか? 私なりのアドバイスが役立てば幸いです。  カゴの中身を見る  
 お問い合わせフォームへ  
 ■サイト内を検索 お客様の声 /  ご利用方法 /  メルマガ  


HOME >> ミシンの選び方とコツ >>  ニット素材の裾の処理方法  


   カバーステッチミシン
   その他のカテゴリーへ

■ ニット素材の裾の処理方法

カバーステッチが一般に認知され始めたことで、 「2本針4本糸のロックミシンだけだと、どうやって裾を縫えばいいの?」 という質問さえいただくようになりました。

ロックミシンだけで裾を仕上げるには、

  • 裾まつり押えを利用して、1本針3本糸でまつり縫い(※)する
  • リブなどを付け縫いする
ことになります。
場合によっては、家庭用ミシンのジグザグ縫いや伸縮縫い、直線縫いで仕上げていました。

もちろん、これらの縫い方は、カバーステッチミシンを持っているか持っていないかに関わらず、 それぞれ有用な処理方法であり、バリエーションにもなります。

しかし、弱点もありました。

  • 表に縫い糸が見えすぎたり、はずれたりと、きれいにまつり縫いをするには、練習が必要
  • いつもリブ付け処理ばかりでは飽きてしまう
  • 家庭用ミシンの縫い目では、素材の伸縮に対応しきれず、糸切れを起こしてしまう

カバーステッチは、裏側に折り返して縫わなければいけないという別の難しさはあるものの、 ガイド定規や接着テープの活用などで、楽にきれいに仕上げることができます。 布の伸縮に負けて糸切れする心配なしに、既製品のような仕上げ方ができるところが何よりの魅力です。

※)まつり縫い・・・布の端を折って、表側の布にあまり縫い糸が見えないように縫いつけ方。