shimadamishin.com---島田ミシン商会の通販サイト ミシンの購入を思い立ったものの、店員に勧められるがままの選択肢しかない。そこでネットで情報検索・・ そんな方は多いんじゃないでしょうか? 私なりのアドバイスが役立てば幸いです。  カゴの中身を見る  
 お問い合わせフォームへ  
 ■サイト内を検索 お客様の声 /  ご利用方法 /  メルマガ  


HOME >> ミシンの選び方とコツ >>  押え金の役目と種類  


   アタッチメント
   その他のカテゴリーへ

■ 押え金の役目と種類

代表的なアタッチメントの一つに、押え金があります。
ミシンで縫うのに欠かせない部品です。

押え金の基本的な役目は、

  1. 縫製物を安定させ縫い位置を決める
  2. 針が布から抜ける時に、針と一緒に布地が持ち上がらないようにする
  3. 布を前方、または後方に送る時、方向性が乱れないよう適切な圧力で布地を送り歯に密着させる
ことです。

このような役目をになう押え金に、目的別で更に効果をもたらす押え金があります。 大まかに6つに目的を分けてみましょう。

◆ 布地を押さえることを主目的とするもの

自由押え金やテフロン押えなどが、この種類に該当します。
中でも自由押えは、最もポピュラーな押え金です。 生地との対応性に優れ、段部の送りがスムーズに行えるように、押え足(ソリ、舟部とも呼ばれます)が前上りの状態になるように、後方にバネが付いています。
滑りの悪い生地に対応できるように、押え足をテフロン素材にしたテフロン押え、 針の運動による生地の持ち上がりを防ぐニット用押えや、落とし縫いやファスナー付けに利用できる片押えなどがあります。
◆ 布地を押さえつつ、一定の縁幅に縫うことを目的とするもの

何らかのガイドが押え金に付くことで、ステッチを容易にします。 段押え爪付押えスプリングガイド押えなどがあります。
各種工程の状況や、実現したいステッチ幅に合わせて選択します。 左右の段差を基準にして、ステッチをかけます。
交差する段部を通過したりする場合は、ガイド部が自由に動く段押えが最適です。
段差に変化がないもの(カバーリングテープのステッチやポケット周りのステッチなど)には、 ガイド部が固定されている爪付押えなどが向いています。
◆ 布端を折り曲げながら縫うことを目的とするもの

三巻押えなど、巻き具が付いた押え金が該当します。
これらの押えには、主に押え足と軸部が一体成形の固定押えが利用され、折り幅が小さいものに使用します。 便利な反面、曲線でも縫い外さずにキレイに縫うには、それなりの技術を必要とします。
◆ 布地と共に、テープや紐などを同時に縫製することを目的とするもの

テープガイド押えパイピング地縫い押えなどが該当します。
テープや紐などを材料を同時に縫製できるように、小型のガイドが取り付けられた押え金です。 単純にガイドだけがついている物もあります。
◆ 巻き具(ラッパ)類と併用することを目的としたもの

テープなどを様々なサイズに折り曲げる、通称”ラッパ”と呼ばれる巻き具を利用する際、 きれいに仕上げるためには、できる限りラッパの出口と針落ちが接近する必要があります。 そのために通常押え足の右側を短くして、ラッパを針落ちに接近させることを可能にしています。
ステッチをより安定させるために、段押えになっているものもあります。
◆ その他特殊な効果を目的とするもの
送り歯の上下によって押えが前後に動いて、イサリ(縫いズレ)を防止(または逆に縫い縮め、シャーリング押えの代わりに使う)するスライディング押えや、 コンシール®ファスナー付け専用のコンシール®押え、 押えの両サイドにテフロンのリングを付け、下送りと同調することで一種の上下送りを実現するテフロンリング押え、 糸切りミシンの縫い始めの糸玉(鳥の巣)を防止する為にメスを内蔵した糸玉防止押え、 パッカリング(薄物生地などでよく起きる縫いジワの事)の問題を解消するため、 スキーのモーグル競技をヒントに、押え足全体を板バネ状にし、上下運動を吸収するスキー押えなどなど、 各社、様々な工夫を凝らした押え金が発売されています。

家庭用ミシンやロックミシンにも、いくつか用意されています。 メーカーや機種で互換性こそありませんが、使いやすいアタッチメントが多数用意されているミシンを選ぶと、作品の幅が広がります。
なかでも職業用ミシンは、工業用ミシンから流用できる押え金が多数存在するので重宝します。