shimadamishin.com---島田ミシン商会の通販サイト ミシンの購入を思い立ったものの、店員に勧められるがままの選択肢しかない。そこでネットで情報検索・・ そんな方は多いんじゃないでしょうか? 私なりのアドバイスが役立てば幸いです。  カゴの中身を見る  
 お問い合わせフォームへ  
 ■サイト内を検索 お客様の声 /  ご利用方法 /  メルマガ  


HOME >> ミシンの選び方とコツ >>  ラッパできれいに仕上げるのに必要なポイント  


   アタッチメント
   その他のカテゴリーへ

■ ラッパできれいに仕上げるのに必要なポイント

テープがねじれたり、パンク(縫い外しのこと)したりと、ラッパでの縫製にはトラブルが発生することが多々あります。 下送りか差動上下送りかなど、ミシンの選定から考える必要がありますが、選択肢が他にないときもあるでしょう。 事前に予測できるトラブルが回避できるように、ラッパを選ぶ際に知っておくべきポイントを解説します。

  • テープとバインダーの形状が合っているかどうか

    先のコラムでも述べましたが、
    伸びの有無や腰などテープの性質や、
    直線だけか、インカーブもあるのか
    などで、テープを送る方向(ラッパの形状)も影響します。

  • テープ素材の性質と合っているかどうか

    さらに、同じ伸縮素材対応としているカノコバインダーでも、厳密にはメリヤステープ用とバイアステープ用で違います。 バイアステープにも伸縮があると言っても、メリヤステープと同等ではありません。

  • テープなどの幅に合っているか

    1つのラッパで、1つの仕上がり幅(バインダーなら、テープの幅)にしか対応できません。
    例えば、36mmのテープを10mmに織り上げるバインダーがあったとして、それを30mmのテープを入れて8mmに折ろうとしても、 中でいくらでも動いてしまって、きれいに折れないのです。逆も同じです。

  • テープなどの厚さに合っているか

    もちろん、薄地のテープと、厚地のテープでは、同じ幅のテープでも、折り曲げ具合が変わってきます。 特に市販品には、想定してある厚みのテープがあります。
    想定されたものより厚い場合は、テープが伸びたり、仕上がり幅が小さくなってしまいます。 逆に想定してあるものより薄いと、シワやネジレの原因になるのです。

  • 押え金が仕上がり幅に合っているか

    バインダーの口から、できる限り近い位置に針落ちがあるのがベストです。 専用のバインダー用押えなどを使用するのはもちろんのこと、押え金の幅とテープなどの仕上がり幅に大きなズレがあっては、 カーブなどの縫いやすさに大きく影響を受けます。

また、バインダーの場合は身頃の生地厚も考慮しなければなりません。 バインダーの口金の高さも、仕上がりに大きく影響を受けるのです。

どれもこれも同じラッパですませようとすることは問題外なのです。

これから縫おうとする素材や工程に合った形状と性質のラッパを選定することが第一歩なのです。 あまり使い慣れていない方は特に、知識のある方に相談してから購入することを心掛けましょう。