shimada-mishin.com---島田ミシン商会の通販サイト ミシンの購入を思い立ったものの、店員に勧められるがままの選択肢しかない。そこでネットで情報検索・・ そんな方は多いんじゃないでしょうか? 私なりのアドバイスが役立てば幸いです。  カゴの中身を見る  
 お問い合わせフォームへ  
 ■サイト内を検索 お客様の声 /  ご利用方法 /  メルマガ  


HOME >> ミシンの選び方とコツ >>  耐久性と息の長さ  


   職業用ミシン
   その他のカテゴリーへ

■ 耐久性と息の長さ

職業用ミシンを一生モノ、という方がいらっしゃいます。

職業用ミシンは家庭用ミシンの倍の速度で縫います。 ですから、内部の部品も、そのスピードに耐える品質でなければいけません。
加えて各社とも、家庭用ミシンのように、毎年の新製品が出ることはありません。 方針の違いでメーカーによっては多少の差や、マイナーチェンジはありましすが、 ボディからまるごと違うミシンは、簡単には出てきません。

例えばJUKI(株)のシュプールシリーズの場合、1990年に発売され(シュプール90)、 最初のマイナーチェンジは1996年のことです(シュプール96。シュプール98デラックスの前身モデル)。 シリーズ全体に96年のマイナーチェンジを施したのが1998年(TL-98シリーズ)、 TL-25シリーズ(SL-200シリーズ)の発売が2004年(TL-25SPは現行機種)、 現行のTL-30シリーズ(SL-300シリーズ)の発売が2011年と、比較的長いスパンを置いています。

故障箇所やその内容にもよりますが、現行商品と共通で使える部品が多かったり、 耐久性もある程度考慮していることから、家庭用ミシンより長く使えると言えます。

しかし、今のポータブルの職業用ミシンは、全てのミシンに電子部品が入っています。 代換可能な電子部品が供給されなくなれば、さすがに修理できません。

何より機械ですから、当然、部品も摩耗します。 修理をしても、長年の使用によって、動くし縫えるけれど調子は今ひとつ、ということもあります。 ユーザーによっても差があります。

職業用ミシンもあくまで家庭用製品ですし、ミシンだけが特別寿命が長いとは思わないでくださいね。


 職業用ミシンの一般定義     このページの先頭へ ▲      ポータブルが変化をもたらした 


職業用ミシンの通販ページへ / サイトマップ / お問い合わせ

香川県高松市昭和町1丁目1番20号 島田ミシン商会
copyright© 2000-2014 SHIMADA MISHIN SYOUKAI all rights reserved.
Sorry,This site is Japanese only.
このサイト内の全ての文章・画像の無断転載・転用はお断り申し上げます。